SAVE LIVES by FOXY COLORS
小さな体に大きな瞳でみんなに可愛がられているモンキーのミニマム。
生命や種を守るために
「Save Lives」というムーブメントを起こしています。
希少動物たちに会うためにモンキー仲間と気球に乗って世界を巡ります。






レアな動物図鑑


クアッカワラビー
Quokka
(オーストラリア南西部ロットネスト島など)
カンガルー科の有袋類。体長は40〜55cm、
警戒心が少なく好奇心旺盛で
人間にも近寄って来るそうです。


タカヘ
Takahe
(ニュージーランド)
鮮やかなブルーとグリーンの
ゴージャスな羽毛に包まれていますが、
ニワトリのように飛べない鳥なのです。


ガラパゴスペンギン
Galapagos Penguin
(ガラパゴス諸島)
赤道直下という温帯に暮らすペンギン。
海水で体にたまった熱を
逃がすのが上手なんだそうです。


コビトカバ
Pygmy Hippo
(西アフリカ)
体が小さく普通のカバの1/10サイズ。
群れを作らず単独で行動する
夜行性のカバ。
世界三大珍獣のひとつだそうです。


オコジョ
Ermine/Stoat
(ヨーロッパ、アジア、北アメリカ)
別名ヤマイタチ。
冬は雪と同化してしまうほどの
真っ白な毛皮に覆われ
「雪の妖精」と呼ばれます。
夏は木々のような褐色の毛皮に変わります。


インドガビアル
Gharial
(インド、ネパール)
細長い口とキノコのような形をした鼻が
特徴のインドガビアルは、
最も歯の数が多いワニの仲間です。


フォッサ
Fossa
(マダガスカル島)
ネコに似ていますがマングースに近い種類で、
木の上で暮らす肉食動物です。


シロサイ
White Rhino
(アフリカ南東部)
体重が2トンを超えるサイの仲間で
最も大きなシロサイ。
口が平らで地面の草が

食べやすくなってます。


オジロジカ
White Tailed Deer
(北アメリカ)
夏は赤茶色、冬は灰色がかった色になるシカ。
バンビのモデルだそうで
その可愛い姿は人気ですね!


ナマケグマ
Sloth Bear
(インド・スリランカ)
名前の由来は決して怠けているのではなく、
ナマケモノのように木の枝に
ぶら下がることができるから。
見た目は可愛いクマさんですが、
シロアリが大好物なんです。


ニュージーランドアシカ
New Zealand Sea Lion
(ニュージーランド)
灰色がかったなめらかな毛皮をもっています。
しかし、人間による毛皮や油を目的とした
狩猟により生息数が激減したらしいのです。


レッサーパンダ
Red Panda
(中国・ネパール・ミャンマー)
愛らしい姿はお馴染みですね!
元々パンダという名前は
このレッサーパンダを指していたんですって。
木登りが得意で木の上で生活しています。


アマミノクロウサギ
Amami Rabbit
(奄美大島)
短い耳に短い後ろ足のユニークな姿。
原始的なウサギ、

生きる化石とも言われています。


オカピ
Okapi
(中央アフリカ)
シマ模様の足を持ちシマウマの一種だと
思われますが、実はキリンの仲間。
パンダ、コビトカバと並んで
世界三大珍獣と呼ばれているそうです。


アンデスフラミンゴ
Andean Flamingo
(南米アンデス山脈)
あざやかなピンク色の羽と、
小枝のように細長い脚をもつフラミンゴ。
エサの藻がとれる
アンデス山脈の湖で暮らしています。


コウノトリ
Oriental Stork
(東アジア)
おなじみの幸せを運ぶ象徴の

コウノトリですが、
環境は環境破壊により
日本では見られなくなってしまい、
人工繁殖を試みているそうです。


キンシコウ
Golden Monkey
(中国)
孫悟空のモデルの種だそうで、
金色に輝くとても美しい
毛並みが印象的です。

ミニマム
Minimum
(FOXY TOWN)
ミニマムは小さな体に大きな瞳で

みんなに可愛がられているモンキー!
生命を守るために「Save Lives」
というムーブメントを起こしています。



September 2018
SAVE LIVES - ポケットどうぶつとセーターペンギン







命や種を守る「SAVE LIVES」の活動で
マキシム、 ミニマム、マグナムのモンキー達は、
気球で世界を旅しています。

今回は珍しい固有種が多い
オーストラリアへやってきました。

偶然出会った
カンガルーのルーさん
ピョンピョン跳ねながら大陸を
案内してくれることになりました!

ここはルーさんのようにお腹の袋で
子供を育てる有袋類が沢山いるそうです。

人気者の
コアラ
ユーカリを食べ木の上で生活します。

「地上のコアラ」とも言われる
ウォンバットは、
穴掘りが得意で意外と速く走ります。

ほ乳類なのに卵を産む
ハリモグラカモノハシ

ハリモグラは針のような毛と尖った口先を持ちます。

カモノハシは軟らかいクチバシと水かきを持つ
水陸両生です。

「世界一幸せな動物」と呼ばれる
クアッカワラビーのキュートな笑顔は
こっちまで幸せ気分になります!

タスマニア島へも行ってみました。

タスマニアデビルは小柄のわりに大食漢です。

世界一小さな
フェアリーペンギンは、
原油の流出事故から彼らの体を守るために
人々がカラフルなセーターを編んで
着せてあげたそうです。

ミニマムも編んでみました。
みんな可愛く着こなしてくれて、
同時に彼らの命も守ることができるなんて
素敵なことですね。

動物達を絶滅から守るために
みんながレスキュー対策に
積極的に取り組んでいることを知り、
心が温まったモンキー達でした!

いつもありがとうございます。
FOXY COLORS




September 2017
SAVE LIVES - 種や命を守ろう!横っとびツアー☆







世界はまだまだ知らないことばかりです。
好奇心いっぱいのモンキー達は、
命や種を守る「SAVE LIVES」の活動を兼ねて
レアなサル仲間に会いに

マダガスカルへ行ってみよう!
ということになりました。

さぁ、小さな気球に乗って出発です!

アフリカ大陸の東にある独自の生態系で
動植物が生息している大きな島、マダガスカル。

巨大な
バオバブの木が見えました。
上下逆さまのような不思議で神聖な形です。

最初に出会ったのは、

ユニークなサル「ベローシファカ」
なんと横向きにジャンプしながら進む

横っとびの達人です!

ミニマム、マキシム、マグナムも
跳び方を教えてもらいました。
踊ってるみたいで楽しい!
このまま
「横っとびツアー☆」
島を案内してくれるそうです。
ワクワク♪

いろんな種類のサル仲間に出会うことができました。

★シマシマの長いシッポを持つ「ワオキツネザル」
太陽に向かってヨガの瞑想のようなポーズで座り、
ひなたぼっこで夜に冷えた体をあたためるそうです!

★キツネザル界で最大の
「インドリ」

★竹が大好物の
「ジェントルキツネザル」

★世界最小の霊長類の

「ベルテネズミキツネザル」は、
6cmの手のひらサイズ!
クリクリお目目がキュートです。

お母さんザル達は大事に小ザルを抱えて、
やっぱり女性は優しく強いですね!

他にもレア動物が沢山!
★肉食獣の
「フォッサ」
★真紅の
「トマトガエル」
★赤い鳥
「ベニノジコ」
★鮮やかに変色する
「パンサーカメレオン」

珍獣王国でレアな仲間達に出会えて
驚きと興奮でいっぱいでした。

彼らの大切な命を人間の身勝手な行動で
絶滅の危機に追いこんでは大変です。
私達も「命や種を守る」ことを心がけて、
身近な生物を大切にしていきたいですね。

大切な命や種を守るために
小さなことからやってみよう!
Nothing is more precious than life.
Let's do the little things right!

いつもありがとうございます。
FOXY COLORS




SEPTEMBER 2016
Save Lives - たいせつな☆からだメンテ






ここはフォクシー動物公園。
絶滅の危機にある動物達が大事に保護され
広々と自然に近い状態で生活しています。

大切な命を守るためには、
日頃の健康管理に

気をつけなくてはなりませんね。

休園日には動物達の健康診断が行われます。
モンキーのミニマムがドクターになって、
身体計測から血圧や心電図まで
こまかくチェックしていきます。

動物達もドキドキ緊張している様子です。

アンデスフラミンゴは、
身長測定で首をスっと伸ばすと
グンと高くなりました!

ニュージーランドアシカは体重を
少しでも軽くしようと体を反らしてますが、
この作戦は効果なし! (^^;)

細長い口のワニの
インドガビアル
血圧も正常なようです。

普通のカバの10分の1サイズの
コビトカバは歯も丈夫のようでした。

決して怠け者ではない
ナマケグマさん、
心電図も正常です。

レッサーパンダ
自分のレントゲンにびっくりしています。

おサルの
キンシコウ
視力はバッチリのようです!

他の動物達もそわそわしながら
診断の列に並んでいます。

念入りなチェックで
彼らの大事な命と種が守られますように☆

もちろん私達人間も体が何より一番です!
しっかりと体のメンテナンスをして、
毎日を元気に笑顔で過ごせますように☆

いつもありがとうございます。
FOXY COLORS






SEPTEMBER 2015
Save Lives - 守りたい命や種 part2






ある日モンキーのミニマムは
「世界一幸せそうな動物」と呼ばれる
クアッカワラビーのクーちゃんに出会いました。

ニコニコした超絶キュートな表情は
こちらまで笑顔にしてくれます。
笑顔は笑顔を呼ぶのですね!

クアッカワラビーはオーストラリアに
生息する希少な動物です。
こんなにもハッピーをふりまいてくれる
彼らを守ってあげなくては!

ミニマムはヒーロー

"スーパーミニマム" になりきって、
動物たちを守る活動をはじめました。

もちろん、大それたことはできないけど、
身近な小さな心がけで
何か力になることができれば!
乱獲を防ぎ、外来種の扱いに注意して、
むやみに自然を傷つけたり、
手を加えたりしないで、
本来の生態系を保つことが

一番大切なのですね。

タカヘガラパゴスペンギンコビトカバ
オコジョインドガビアル・ワニフォッサ
シロサイオジロジカナマケグマ
ニュージーランドアシカレッサーパンダ
アマミノクロウサギオカピ
アンデスフラミンゴコウノトリ
そしてミニマムにそっくりなキンシコウ
などなどレアな仲間達が応援しています!

私たちが意識して生活することにより、
彼らの大事な命と種が守られますように☆

Nothing is more precious than life.
Let's do the little things we can do!

いつもありがとうございます。
FOXY COLORS



SEPTEMBER 2014
Save Lives - 守りたい命や種






爽やかな心地いい休日、

おサルのミニマムは新しくできた動物公園に
ぶらりと出かけてみました。

やっぱり気になるのは霊長類エリア!
どんな仲間達がいるのかな?

そこでは衝撃的な出会いが待ってました。。。

なんとミニマムそっくりのサルがいたのです!
向こうもおどろいて目を丸くしています。
彼は中国生まれのキンシコウのキンシくん。

孫悟空のモデルの種だそうで、
金色に輝く毛並みがとても美しいのです。

「はじめまして!」と声をかけてみたら、
キンシくんもフレンドリーに応えてくれました。
似たもの同士すぐに意気投合し、

園内を案内してくれることになりました。
ここでは絶滅の危機にある動物達が大切に保護され

広々と自然に近い状態で生活しているそうです。


珍しい動物だらけで大興奮!

先入観をくつがえす生態を知るのは本当に面白いものです。
丁寧に説明してくれたキンシくんに感謝です。

みんなずっと元気に生きて欲しいけど、
彼らの種は絶滅の危機に追い込まれています。
そして残念ながら

これまでに絶滅してしまった動物達も沢山います。
毛皮が美しいから、肉が美味しいからという理由の狩猟、
地球環境の破壊による生態系への影響などは

すべて私達人間が原因ですね。
絶滅してしまった動物はもう恐竜のように

図鑑でしか見ることができません。

そんな悲劇を避けるためにも
私達も「命や種を守る」という気持ちで、
省エネ対策したり、身近の自然や生き物を大切にしたりして、
自分にできる小さなことから心がけたいですね。

大切な命や種を守るために小さなことからやってみよう!
Nothing is more precious than life.

Let's do the little things we can do!

ミニマムも今日は新しい友達キンシくんや

レアな仲間達に出会えて、
沢山のことを学び、考えることができたようです♪

いつもありがとうございます。

FOXY COLORS




Copyright (C) 2018 Foxy Colors All Rights Reserved. サイト内の作品および画像の転載や流用などを全面的に禁止します。